日産の車は中古車でもきちんと整備をしていれば消耗品の交換以外で修理することはほとんどありません。

人生を豊かにする日産の中古車ガイド
人生を豊かにする日産の中古車ガイド

日産の車を2台中古車で購入しました。

初めて車の免許を取った時、車をいくらぶつけても大丈夫なように日産のシルビアを中古車で購入しました。もともとスポーツカーが好きだったのでマニュアル車を30万で購入したのですが特に故障することもなく毎日ドライブを楽しんでいました。シルビアは日産の中でも人気度が高く部品も多く出回っているので故障しても部品を安価で購入する事が出来るんです。部品の少ないマイナーな車を中古車で買うよりも部品の豊富な中古車を購入する方が、故障があった時も直ぐに安く修理できて便利だと感じました。私が乗っていたシルビアは10万キロを超えても車検の時に消耗品の交換をする程度で故障も少なかったので中古車ながら不満を感じる事もありませんでした。

2代目に乗り換えた車は日産のディーラーで購入したY33グロリアです。この車体は日産のディーラーで購入しました。車体価格はディーラーで購入すると高いというイメージがあったのですが、実際はそんなに高い金額ではなく10万キロを超えて手放すまでにアフターケアもしっかりしていただき一度も故障したことがなかったので大変満足しています。今は中古車でも社内をクリーニングして納品してくださる中古車屋さんも多いようなので、ちょっと綺麗好きな方でも違和感なく乗る事が出来ると思います。昔は日産車は10万キロを超えると直ぐに壊れてしまうというイメージがあったのですが、今の車は性能も良くなっているので中古車で距離を走っている車でもきちんと整備していれば安心して運転する事が出来ると思います。